28.Jul 2016

Indigo

ISSUE #002

SWEAT / SURFBOARD

Factories. Not too many visits made throughout a year. Visits increase as a collection is nearing its finish. At times made once a week and whenever time could be spared. This basic form of communication is a crucial factor that contributes to creation.

Like the many shades of BLUE from the ocean, there is a deeper meaning for INDIGO in the products of BLUEY. Indigo dying existed since the ancient times, and is one of the many ways JAPAN BRAND expresses its pride. This journal entry focuses on indigo rope dyed ( yarn dyed ) french terry ( also known as sweats), and an indigo dye airbrushed surf board.

※yarn dying is a process in which the yarns are dyed, before woven or knitted into a fabric. Unlike fabric dying, this process creates a texture similar to that of denim jeans.

工場。年間を通して足を運ぶ事は少なくない、コレクション前であれば、なおさらのこと。毎週訪問する事もある。時間を見つけては顔を出す。この一番基本のコミュニケーションが、モノ造りにおいては非常に重要なファクターであったりする。

BLUEYのPRODUCTSにINDIGOは深い意味をもつ。
古来からある藍染、JAPANブランドの誇りとしてブランド表現のひとつの軸に据えている。海のように変化する様々なBLUEは奥が深い。
今回、フォーカスするのはロープ染色(先染め)した裏毛(SWEAT)とINDIGOを染料に含ませてエアブラシを吹いたSURF BOARD。

※先染めとは糸の段階で糸染めしてから生地にして行くこと。晒しの(真っ白な生地)に後染め(ドブ漬け染め)の裏毛とは異なりジーンズの様な風合いになる。

French Terry ( Sweats )
From the beginnings of the brand, BLUEY’s signature SWEAT pieces, always focused on its never-changing construction and manufacturing background while maintaining superb quality and a sense of evolution.

Processing ( Washes )
One piece at a time, a process finished by one’s hands.
Created from days of consulting with the craftsman.
An extremely manual process. Patience is tested on experiment after experiment, in pursuit of the ideal USED look.
Differences between each piece made is not favorable in this industry, and in recent years, many companies have shifted into capital investment for production efficiency.
However with the best skills in washing techniques, and the pursuit of an ideal creation, a standard can be established where there can be room for subtle errors.

Construction
Using a flat seamer machine allows the SWEAT pieces to have smoother and beautifully rounded seamlines.

Machines have been renovated specially for the construction of denim shirts and jeans. Needles are now able to penetrate through sections that were once too thick. The on-site team repetitively go through days of trial and error, producing these creations and giving life to the visions of the designer.
The designs updated every season are high quality products that have been offered by these skilled technical experts. These superb products are a result of their pride for their creations, and their respect for the designers.

裏毛(SWEAT)
BLUEYで定番化しているSWEATはブランドスタートから変わらない縫製仕様と工場背景で常に進化と高い品質を保っている。

加工(洗い)
1点1点人の手で仕上げて行く工程。
職人さんとの日々のディスカッションを重ねる事で生み出していく。
イメージしているUSED感へ近づけていくために根気よく何度も試作を重ねるという極めてアナログな世界。
個体差と言う現象は業界的にはあまり好ましい事では無いが、ある一定の許容範囲を設ける事で微妙な誤差は逆に個性としてとらえている。
なぜなら、最高の加工技術と、理想を創り出すアプローチが、そこには存在するからである。
ちなみに、近年は効率的な生産性重視へ設備投資している企業も少なくない。

縫製
SWEATに関しては4本針(フラットシーマ)を使用することで、接ぎ部に凹凸の無い製品、丸みのある綺麗な縫製ラインが生まれる。

デニムシャツやジーンズの縫製は特別に改造を施されたミシンを使用している。これにより極端に厚みのある箇所に針を落とす事が出来るようになっている。現場のスタッフ達は日々、トライアンドエラーを繰り返し、モノづくりを行い続ける事で、デザイナーの意図をカタチにしてくれるのである。
毎シーズンアップデートするデザインは匠な技術者によりハイクオリティーな製品を提供可能にしてくれている。その素晴らしさは、モノづくりの誇りとデザイナーへのリスペクトの気持ちを常に持ち続けて行く姿勢であろう。

SURF BOARD
A collaboration with professional surfer, Tetsuo Hosokawa’s brand, DOWN THE LINE.
http;//www.hosokawatetsuo.com/down_the_line/

Shaping Room: Chiba prefecture, Ichinomiya CHP
Shaper: Hand-shaped by Daisuke Nakamura

A hand-shaped surfboard chosen over a production efficient machine shaped board.
A BLUEY surfboard airbrushed with Indigo dye.

SURF BOARD
プロサーファー細川哲夫氏のブランド DOWN THE LINE とのコラボ
http://www.hosokawatetsuo.com/down_the_line/

シェイプルームは千葉県一宮CHP
シェイパーは中村大輔氏によるハンドシェイプ

生産性重視のマシーンシェイプでは無く、ハンドシェイプで削られている。
INDIGOを染料に含ませてエアブラシを吹いたBLUEYモデル。